知財総合支援窓口運営業務

一般社団法人福井県発明協会は、(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)からの請負事業である「知財総合支援窓口運営業務」を実施しております。
この事業では、「知財総合支援窓口」を設置し、中小企業等が抱える知的財産に関する悩みや課題をワンストップで解決できる支援を行います。また、支援窓口においてその場で支援が困難な場合には、知的財産に携わる様々な専門家や支援機関との連携により課題等の解決を図ります。

【事業内容】

窓口支援担当者による窓口支援

知財総合支援窓口に配置された窓口支援担当者が課題等をその場で受け付け、ワンストップで解決(支援)します。
相談が重なると対応できない場合がございますので、事前にご予約ください。(TEL:0776-55-2100)

知財専門家(弁理士および弁護士)による窓口支援

知財専門家(弁理士・弁護士)が、知的財産に関する専門性の高い相談に対して無料で相談に応じます。原則予約制となっておりますので、事前に福井県知財総合支援窓口までお申し込みください。(TEL:0776-55-2100)
◆弁理士による支援窓口・・・原則週2回(火曜日・木曜日)
火曜日 13:00~16:00 各商工会議所および商工会
木曜日 13:30~16:30 福井県知財総合支援窓口(福井県発明協会内)
◆弁護士による支援窓口・・・月1回(原則最終木曜日)
13:30~16:30 福井県知財総合支援窓口(福井県発明協会内)

企業等訪問による支援

窓口へ出向くことができない、自社設備を前にした相談を求めるなどのご要望に応えるため、窓口支援担当者が直接中小企業等を訪問し、知財の取得から活用までの全般にわたる課題解決を行います。特に高度な専門性を必要とする課題に対しては、知財専門家(弁理士等)支援も行います。

支援機関や専門家等と連携して支援

窓口において支援が困難な場合には、INPIT、JETRO、中小企業基盤整備機構、商工会・商工会議所、大学等の関係する支援機関やその機関の専門家と連携し、効果的に解決支援します。

理解増進担当者の活用

これまで知財活用支援を受けていない中小企業を訪問して、知的財産活用の重要性の理解増進および知的財産活動に取り組む中小企業の発掘をし、中小企業等へ福井県知財総合支援窓口活用の周知活動を行います。

 

窓口支援担当者

私たちがお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。
なお、奥田が2人おりますので、お電話の際には男性か女性かを伝えていただけると幸いです。


◆奥田 千鶴(おくだ ちづる)
『出願手続き実務や、調査から経営課題を解決する知財戦略策定など、幅広く支援させて頂きます。』

◆太刀内 晃紀(たちうち こうき)
『今年度から窓口支援担当者として、これまでの知識や経験をもとに支援させていただきます。』

◆河村  光(かわむら ひかり)
『これまで培ってきた経験やノウハウを皆様のご支援に活かしていきたいと思います。』

◆奥田 俊進(おくだ としゆき)
『知的財産と幅広い専門技術を融合した独自スキルで支援業務を推進してまいります。』

◆林田 昭次(はやしだ しょうじ)
『これまでの知財実務経験を活かし、今年度から中小企業の知財支援を担当させていただきます。』

 

まずはお電話を!!